増毛する方法には薬がある?薬による薄毛治療の特徴を解説

増毛方法の中には薬を使ったものもあります。
身体に負担の大きい植毛にふんぎりがつかない人は、まず薬治療から始めてみてはいかがでしょうか。
こちらでは、薬による薄毛治療について見ていきましょう。

一般的に薄毛治療を検討する場合、まず薬による治療を考えるのではないでしょうか。
ミノキシジルやプロペシアなどの名前を聞いたことがある人も多いでしょう。
薬による治療効果はあるのだろうか、と不安になる人もいるかもしれません。

プロペシアは抜け毛を防ぎながら、薄毛の進行を抑える守り系の治療薬です。
薄毛治療の薬としてよく名前を耳にするミノキシジルは、髪の毛を生やして成長させるという攻めタイプの治療薬と言えます。

もうひとつよく耳にするザガーロは、プロペシアと同じく守り系の治療薬です。
どちらのタイプにするのかは、医師が患者の頭皮などを検査してから決めるのですが、ミノキシジルをメインにしているところ、プロペシアをメインにしているところなど特定の治療薬のみ扱っている所もあるので気をつけましょう。

自分に合う治療方法を見つけたい人は、複数の治療薬を扱っているクリニックがおすすめです。

そして、気になる薬による治療効果ですが、個人差があります。
基本的に薄毛治療は投薬治療から取りかかることが多く、薬による治療効果が見られない場合は植毛やウイッグという選択肢から決めることになるでしょう。
ただ、植毛治療は高額になるため、継続して薬による効果を求める人が多い傾向があります。

副作用については、薬である以上ゼロではありません。
薄毛治療に限らず、薬にはどんなものであっても3割ほどのリスクがあると言われています。
つまり、薄毛治療薬だから副作用が出るというわけではないのです。

ただ、他に服用している薬がある場合は、しっかり医師に伝えてください。
薬の中には相性が悪いものもあるので、飲み合わせが悪いことによって、体調に異変が起こる場合があります。

もうひとつ覚えておきたいのは、薄毛治療は命に関わる病気や怪我ではないので保険対象外となっているため、すべて実費となるのです。

薄毛治療はまず投薬治療から始めて、改善されるか、効果がないのかを見極めるようにしましょう。

薬による改善が見られない場合は、医師が次の治療を提案してくれるところもあるようです。
実際に、薄毛治療に薬を使用している人の中には効果があったと答える声も多いです。
そのため、まずは薬治療から始めてみることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です