増毛自体の寿命はどのくらい?人工毛と自然植毛の材質と寿命について

増毛治療をする際、気になるのはやはり寿命ではないでしょうか。
残念ながら、増毛は永久的な効果ではありません。
今回は、人工毛と自然植毛の材質や寿命についても見ていきましょう。

増毛と植毛は混同されることもありますが、まったく異なるものです。
増毛は人工毛を髪の根元に取り付ける方法であることに対して、植毛は手術などの医療行為となります。

髪の根元に取り付けるため、取りつけられている髪が抜けてしまえば、増毛部分も一緒に抜けてしまいます。
つまり、増毛の寿命は髪が抜ける時ということになるのです。

ただ、もうひとつ寿命と呼べるものがあり、髪が抜けなくても自毛が伸びることによって根元から浮き上がったような状態になることがあります。
この場合、髪の毛が抜けていなくても不自然さしかないので、増毛部分の寿命と言ってもいいでしょう。

人工毛は違和感がないように自然な造りになっていますが、材質はポリエステルやナイロンです。
頭髪にあるキューティクルと似た構造を作ることで、自然の髪に近いツヤを出すことができます。

ただ、材質については金額が大きく関わってくる部分もあり、極端に安価なものだと人工毛だと周囲に知られてしまうほどの不自然なものもあるようです。
自然植毛の材質となるものはありません。
その理由として、自然植毛は人工毛ではなく、自分自身の頭部から採取した毛根組織なのです。

移植をすることから、医師が治療をしなければいけません。

自然植毛の寿命については、基本的に他の髪と変わらないと言われています。
自然植毛をした神は、寿命が来たとしても永続的に生え変わるため、高い効果が期待されているのです。

寿命の差などは、治療費用にも大きく反映されています。
比較的手軽に行いやすい増毛治療は、自然植毛ほどの高額ではありません。
髪の薄さに悩んだ人は、お試し感覚で治療できるくらいの金額です。
しかし、クリニックによって料金設定は異なるので、すべてのクリニックが安いわけではありません。

ただ、自然植毛は痛みとダウンタイムがあり、日常生活にも影響が出やすいようです。
そのため、ほとんど影響のない増毛に注目する人が増えているのでしょう。

増毛に寿命はありますが、治療後に簡単に抜けるほどのものではないと言われています。
少しでも長い寿命を考える場合は、実績豊富なスタッフがいるところで治療を行いましょう。
実績が豊富であれば、さまざまなケースに対応できるためです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です