女性の方は増毛や植毛を行う事はあるのか?調べてみました

薄毛の悩みを抱える男性が増毛や植毛を実践するケースはよく見られますが、女性の方でも増毛や植毛を行うことはあるのでしょうか?
今回は女性の薄毛が近年増加している理由に加えて、女性が増毛や植毛を行うときに押さえておきたいポイントをご紹介します。

女性の社会進出が活発になった現代の日常生活では、女性がストレスや疲労などを感じる場面が増えています。
栄養バランスが偏った食事や不規則な生活も髪に影響を与えやすく、女性の薄毛は20代や30代でも起こりうる状況になりつつあります。

AGAは一般的に認知されていますが、原因の詳細がはっきり判明していないFAGAも年々増加しているので注意しなければいけません。
これ以外にも女性の薄毛においては、急性休止期脱毛症や慢性休止期脱毛症のほか、脂漏性脱毛症や牽引性脱毛症といった原因が関係しています。

総じて女性における薄毛の原因は男性以上に複雑なため、薄毛の悩み解消に女性が増毛や植毛を行うケースは少なくありません。

薄毛の原因が女性型脱毛症であるFAGAの場合には、AGAとは違って髪の毛が全て抜けてしまうことを基本的に避けられます。
FAGAであれば、頭頂部の薄毛が目立ちつつも、髪の毛が全体的に薄くなり、毛髪1本1本が細くなる症状が発生します。

とはいえ、増毛では自分の髪などに人工毛を結びつけて髪のボリュームアップを実現しますから、女性は増毛を行える可能性が高くなるでしょう。
もちろんウィッグを活用するよりも通気性に優れていますし、薄毛治療の増毛なら頭皮にかかる負担を抑えられます。

増毛した髪にはカラーリングやパーマも施術可能ですが、定期的なメンテナンスが必要不可欠なので気をつけてください。

女性が植毛を薄毛治療の方法として選ぶときには、脱毛症の対処に限らず、理想の生え際も手に入れることができるかもしれません。
生え際の形にこだわることで小顔効果を目指す女性は数多く、自分の印象を自然に変える美容植毛は女性から注目を浴びています。

また、自毛植毛の移植毛は後頭部から採取しますが、髪が長い女性は髪を下ろすだけで採取部位を隠せるので日常生活に支障をきたしません。
自毛植毛で生着した移植毛は半永久的に生え変わりますから、メンテナンス費用を負担しなくても移植毛は自分の髪として扱えます。

ただし、植毛は外科手術の医療行為に該当するため、授乳中や妊娠中の治療は控えることが推奨されています。

女性型脱毛症が起こる原因には判明していない部分が多いこともあり、女性の薄毛治療は男性の薄毛治療よりも複雑化しています。
薄毛治療の増毛や植毛は女性向けの特徴を兼ね備えていますので、女性の薄毛解消には増毛や植毛が大いに活躍するでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です