最新治療の毛髪再生医療って何?どんな方法で毛を増やすのか

幹細胞を使った再生医療は世界市場規模で拡大が試算されていますし、再生医療の研究では毛髪再生医療の実用化も見込まれています。
最新治療の毛髪再生医療とはどのような医療なのか、毛髪再生医療で毛を増やす具体的な方法などを取り上げてみましょう。

再生医療には、体外で培養した幹細胞を患者に移植する再生医療と、体外で構築した組織を患者の体内に移植する再生医療が存在します。
いずれにしても身体の機能が失われた部分に対して適切な移植を行い、人体機能を回復させる医療技術になっています。

再生医療は失った組織そのものを取り戻せる方法に該当するため、再生医療なら生涯にわたって改善が困難な症状でも回復を望めます。
こうした再生医療技術を脱毛症などの治療に活用する試みが、2020年の実用化を目指して研究開発が進められている最新治療の毛髪再生医療です。

既にAGA治療ではクリニックに応じて毛髪再生治療が実践されているものの、毛髪再生治療と毛髪再生医療は異なるので注意してください。

毛髪再生医療で毛を増やす具体的な方法としては、まずはじめに治療を受ける患者の後頭部から毛球部毛根鞘細胞を含む頭皮組織の採取を行います。
毛球部毛根鞘細胞を人工的な培養で増殖させ、これを患者の薄毛部分に移植するのが毛髪再生医療の基本的な流れとなります。

薄毛治療の自毛植毛では、患者の毛根をそのまま薄毛部分に移植しますが、毛髪再生医療は細胞を増殖させてから移植する特長を備えています。
広範囲の自毛植毛は身体的な負担が大きくなる一方で、毛髪再生医療であれば一部の切除で広範囲の薄毛治療を実現できます。

もちろん1度の治療で健康な毛が継続的に生え続けますし、自分自身の細胞を移植するので拒絶反応が起こるリスクも少なくなるでしょう。

毛髪再生医療が実用化した場合に期待できるメリットにおいては、身体的な負担の軽減だけではありません。
投薬治療と違って男女関係なく治療を受けられることや、様々な脱毛症に対処できることも毛髪再生医療のメリットに数えられます。

ただし、毛髪再生医療は細胞の培養に時間を要するうえに、自由診療扱いを避けられないこともあって、高額な治療費の負担が想定されます。
現在のところ2020年の実用化を予定していますが、実用化の遅れや実用化されないケースなどもあり得ます。

2020年の実用化を目指す毛髪再生医療は、患者から採取した細胞を増殖させて、それを患者の薄毛部分に移植する方法の薄毛治療です。
毛髪再生医療を薄毛治療の方法として活用すれば、男女問わずに身体的な負担を軽減しつつ薄毛の治療を進められます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です