植毛と増毛ではどちらが薄毛に効果がある?それぞれの即効性について

遺伝的要素やストレスなどが原因となって進行する薄毛の悩みを解消するためには、植毛や増毛といった方法が大いに役立ちます。
薄毛の悩みに対する即効性を期待したいのなら植毛と増毛のどちらが適しているのか、植毛と増毛で見られる効果の違いを確かめてみましょう。

頭皮に穴を開けて薄毛が気になる部分に毛を植え込む植毛は、医療行為の外科手術に区分される薄毛治療です。

こうした植毛には自毛植毛と人工毛植毛の2種類が存在し、自分の髪を頭皮に移植する自毛植毛においては薄毛の根本的な改善を目指せます。
自毛植毛で植えた移植毛は半永久的に生え変わる特長も兼ね備え、もちろん自毛を移植するので自毛植毛には副作用がありません。
施術可能な範囲が限られるうえに費用は高額となりますが、自毛植毛は一度の施術で薄毛の悩みを解消できる治療法に数えられています。

自毛ではなく合成繊維の人工毛を頭皮に移植する人工毛植毛は、施術時間こそ短いものの、頭皮トラブルが起こりうる治療法に該当します。

植毛とは異なり、自分の髪などに人工毛を結びつけて髪のボリュームアップを実践する増毛は、投薬や手術を避けつつ髪を増やせる薄毛治療です。

増毛には結毛式編み込み式のほか、全面接着式があって、結毛式の増毛は自毛に人工毛を結びつけて髪のボリュームを増やす方法になっています。
編み込み式の増毛は、特殊な糸と自毛を編み込んだ土台に人工毛を結びつける方法なので、結毛式と同じく薄毛の状態によっては施術を行えません。

結毛式と編み込み式の施術を見込めない場合には、特殊な薄いシートを用いる全面接着式の増毛を活用できます。
全面接着式の増毛ならセルフメンテナンスも望めるため、薄毛治療の方法に全面接着式の増毛を選ぶケースは珍しくありません。

薄毛治療で即効性を優先したいのであれば、自毛や人工毛を頭皮に植え込む植毛よりも、自分の髪などに人工毛を結びつける増毛が向いています。
自毛植毛は施術範囲が狭くなりやすいうえに髪が生え揃うまで数か月ほど要しますから、薄毛治療の即効性はなかなか期待できません。
人工毛植毛は増毛と同様に一定量の髪を増やせる方法ですが、副作用を考慮すると人工毛植毛ではなく増毛を手段に選ぶことが得策です。

ただし、増毛は選んだ方法に応じて定期的なメンテナンスが必須となり、結毛式と編み込み式の増毛では自毛への負担を避けられません。
薄毛を急いで隠したいときに増毛は重宝しますが、薄毛の根本的な改善には自毛植毛があっています。

植毛は医療行為の外科手術に区分される薄毛治療の方法であり、増毛は投薬や手術を必要としない薄毛治療の方法になります。
いずれにしても薄毛の悩み解消に適していますが、基本的に植毛よりも増毛のほうが薄毛治療としての即効性を備えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です