植毛の定着率はどのくらい?定着するまでの期間や正しいケア方法

植毛をしたとしても、定着率やケア方法などが気になる人も多いのではないでしょうか。
今回は、植毛の定着率やケア方法をメインに見ていきましょう。

植毛した髪が定着することによって、抜けたとしても永続的に生え続けると言われています。
そのため、薄毛治療としては高い効果が期待されている方法のひとつです。

しかし、植毛治療をしたからと言って永続的な効果が得られるわけではありません。
移植した毛髪を定着させること、これが永続的に生えるための重要なポイントです。

定着率に関しては、明確な数字は出ていません。
なぜなら、治療患者によって定着率などが変わってくるからでしょう。
一般的には5日前後で定着すると言われていますが、個人差があるので確実ではありません。

産毛として生えてくるのは術後3ヶ月前後と言われています。
この時点では、既に定着しているので過剰な必要ありませんが、やはり頭皮に刺激を与えないことは定着後も守っておいた方がいいかもしれません。

定着率は術後にどんな過ごし方をしたかによって変わると言います。
飲酒や喫煙、激しい運動などは植毛の定着率を下げてしまうため、なるべく避けておきましょう。
これらは頭皮に刺激を与えてしまうため、植毛した部分の定着を邪魔しかねないのです。

そして、もうひとつ意外と忘れがちなのが洗髪です。
頭皮への刺激が良くないということは、シャンプーにも気をつけないといけないということです。
植毛後のパーマやカラーリングはもってのほかですが、シャンプー時に強く洗うことによって、頭皮に想像以上の刺激を与えてしまう場合があるので気をつけましょう。

そして、しっかりと定着させるためのケア方法は、頭皮に刺激を与えないように心がけることです。
クリニックでは頭皮を刺激しない洗髪の方法、食生活に関する指導を受けられるところもあります。

正しいケア方法を知るためには、専門家のアドバイスを受けることが一番です。
ケア方法などについてわからないことがあれば、そのまま放置するのではなく、その都度クリニックに相談することをおすすめします。

植毛をした後に気をつけたいこととして、最初の2日間ほどは髪が抜けやすい時期となります。
そのため、強くこすっていなくても抜けてしまう場合があるので、細心の注意を払うようにしましょう。

せっかく植毛をしても、不注意で抜けてしまってはショックも大きくなります。
治療効果を高めるためにも、患者本人が努力をする必要があるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です