植毛や増毛を行えない疾患や身体症状には何があるのか?

薄毛治療の植毛や増毛を行えない疾患や身体症状においては、一般的にどのようなものが知られているのでしょうか?
植毛や増毛の適切な施術方法を見極めるためにも、事前に把握しておきたい代表的な疾患や身体症状を確認してみましょう。

薄毛が起こる要因は多岐にわたりますので、必ずしも植毛や増毛で薄毛の悩み解消を見込めるわけではありません。

毛髪は皮膚に生えていますから、薄毛の原因にはアトピー性皮膚炎や脂漏性皮膚炎といった疾患も含まれています。
精神的なストレスで自ら毛を引き抜いてしまう抜毛症も薄毛の原因に数えられ、慢性甲状腺炎や肝臓疾患なども抜け毛を引き起こします。

疾患が薄毛の原因として該当する場合には、薄毛治療の植毛や増毛を行っても抜け毛が続いてしまう可能性があります。
短期間で急激に薄毛が進行したのであれば、様々な疾患が心配されるため、病院で欠かさず診察を受けなくてはいけません。

医療行為の外科手術に区分される植毛には、自毛植毛と人工毛植毛の2種類が存在します。

自毛植毛はほとんど心配ありませんが、化学合成繊維の人工毛を移植する人工毛植毛ではアレルギー反応が出かねません。
さらに人工毛植毛は定期的なメンテナンスを要しますし、初回の術後に吐き気や食欲減退といった身体症状が出ると継続そのものが難しくなります。もちろん植毛の術後には頭皮を清潔に保つ必要があり、不衛生にしていれば感染症を起こしてしまう危険性も生じます。

身体症状や感染症は植毛の継続に影響しますから、治療回数が多い人工毛植毛よりも、少ない治療回数の自毛植毛が推奨されます。

人工毛を使って髪をボリュームアップする増毛は、時間経過で劣化するため、メンテナンスに費用と手間がかかる薄毛治療です。
植毛と違って移植こそ要しませんが、人工毛を活用しますので、アレルギー反応が起こる場合には増毛を行えない可能性があり得ます。

また、増毛では自毛に人工毛の重さが加わることもあって、自毛が細すぎるケースでは抜け毛につながってしまうかもしれません。

FAGAに限らず、冷え性で頭皮が血行不良になっている場合にも、栄養不足な髪は細く痩せて育ちにくくなります。
冷え性などの血行不良を起こす身体症状に当てはまるのなら、増毛を行う前に生活習慣を見直す手順が必須といえるでしょう。

アトピー性皮膚炎や脂漏性皮膚炎のほか、抜毛症や肝臓疾患などは、植毛や増毛をしても抜け毛が継続しやすい疾患になっています。
アレルギー反応や冷え性といった身体症状も影響するため、自分自身の疾患や身体症状を考慮したうえで植毛や増毛を実践しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です