自毛植毛で失敗はある?失敗例から予防をする方法まとめ

一般的な薄毛治療の方法として既に自毛植毛は定着していますが、自分の髪を頭皮に移植する自毛植毛では失敗があるのでしょうか?
事前に把握しておきたい自毛植毛の代表的な失敗例に加えて、自毛植毛を後悔しないための予防策をまとめてみました。

自毛植毛の手術を受けた後には総じて既存の髪における抜け毛が増加しますが、これはショックロスと呼ばれる現象になっています。

ショックロスの医学的な原因は明確に判明していないものの、このようなショックロスは大部分の人に起こる一時的な現象に過ぎません。
半年から1年程度で抜けた髪は元の状態に戻りますし、ショックロスは自毛植毛の失敗に該当しないのでくれぐれも注意してください。

ショックロスがどうしても気になるときには、手軽に活用可能な増毛パウダーで抜け毛をカモフラージュする方法が向いています。

自毛植毛の失敗例としてよく知られているのが、移植毛の生着率が非常に低くなる失敗例です。

移植した毛の生着率は基本的に8割から9割ほどなので、自毛植毛で移植した全ての毛が生着するわけではありません。
とはいえ、医師の技量が不足している場合などには、移植毛の生着率が1割程度にしかならないケースも報告されています。
生着した移植毛が少なかったり、そもそも移植した毛が限られていたりすれば、薄毛に悩む箇所を毛で埋め尽くすことは難しくなります。

もうひとつ、自毛植毛で注意すべき失敗例に当てはまるのは、不自然な仕上がりになる失敗例です。
髪の生え方は人それぞれであり、移植する箇所や選んだ髪によっては髪質の違いや違和感が目立つ結果につながりかねません。

薄毛治療の自毛植毛で移植毛の低い生着率や不自然な仕上がりを避けたいのなら、クリニック選びに力を入れることが大切です。
全国各地のクリニックで自毛植毛は実践されていますが、手術を受けるかどうか判断する前にクリニックの見極めを進めましょう。

これまでの実績やサポート体制に限らず、カウンセリングの内容やアフターフォローの有無などもクリニックの判断基準に該当します。
また、手術前に医師と手術後のイメージを共有しておく手順は、手術後のトラブルを防ぐために欠かせない予防策になります。

ショックロスは自毛植毛の失敗に含まれませんが、自毛植毛では移植毛の生着率が低くなる失敗例や、不自然な仕上がりになる失敗例が起こります。
自毛植毛の失敗を予防したい場合には、クリニック選びに注力するだけでなく、手術後のイメージも医師との共有を済ませておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です