FX

海外FX会社のスプレッドの固定と変動の違いやお得な方を比較

投稿日:

<% pageTitle %>

FX会社を選ぶ時のポイントの1つがスプレッドです。このスプレッドですが、海外のFX会社の場合は固定と変動の2つがあります。そこでスプレッドの固定と変動のどちらが、有利なのかを考えていきましょう。
日本国内のFX会社は固定スプレッドを採用しています。固定スプレッドとは、常に一定の数値である方式です。対して海外のFX会社に多いのが、変動スプレッドになります。
変動スプレッドとは最小値と最大値の間で、絶えず値が変化している方式のことです。先ほどお伝えしたように日本国内のFX会社は固定制のスプレッドですので、とにかく狭い方がいいという考えになります。
しかし変動制のスプレッドの場合、最小値と最大値の間で絶えず動いているため、狭いかどうかでは判断ができません。そこで重要な考え方になるのは、最安値がいくらなのかよりも、平均値でどのくらいかを見ることです。
実際に平均値で見てみると、実は変動スプレッドの方が低い値になるケースも少なくありません。つまり固定式において狭い方がいい、という取引をしている人にとっては変動制が得になるケースも多いのです。
反対に固定スプレッドが得をするケースはあるのでしょうか。これは大きな値動きが見込まれる場合です。経済指標が発表される時や、各国政府が重要な会見を行われるケースなどが該当します。
<% pageTitle %>
会見や指標の内容次第では相場が大きく動きます。この時には多くのトレーダーが注文を出すことで、取引サーバーが混雑するのが予想できるのです。
結果的に効率良く注文がさばけないため、市場全体の取引量が減ってしまいます。取引量が減ると流動性が低くなりますので、変動制のスプレッドを採用している会社は広く取るようになるのです。
反面で固定制のスプレッドでは数値を変えることができないため、取引量が低下しても固定となります。この流れによって相対的に固定制のスプレッドの方が、狭くなるというケースがあるのです。
つまり価格変動の大きな市場を利用する時は、固定制スプレッドが有利になる傾向があります。またこの考え方を発展させると、1日の中でも取引量の多い時間帯については変動制のスプレッドも狭くなることがわかります。
日本時間の21時から翌2時までの間は狭く、反対に取引量が低い時間帯はスプレッドが広くなるのです。つまりこのピークの時間帯に取引をする人にとっては、ほぼ最小値のスプレッドになるので、かなりお得になります。
海外のFX会社に多い変動制のスプレッドと、国内のFX会社に多い固定スプレッドの違いでした。変動制のスプレッドは最大値と最小値の間で、絶えず数値が動く方式のことです。固定制はその名の通りに取引量の多寡ではなく、常に一定の数字がスプレッドになります。

-FX
-, , , , , , , ,

Copyright© マイベストライフ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.