交通事故を起こしたときの処理、過失割合、示談交渉など自動車事故の対応、自動車事故保険金支払いでは過失がどこにあるかを当事者同士がいくら話しても食い違うことが多いです。

それは、お互いが自分の都合の良いことばかり話すからです。また、間に損害保険会社が入っても同じことです。そこで、自動車事故の対応で保険金支払いの過失説明を客観的にできるのは、ドライブレコーダーの映像が一番です。

また、テレビニュースではドライブレコーダーに映った交通事故の瞬間映像がよく流れます。この映像はロード・レージという運転手が自動車の運転中に割り込みや追い越しなどに腹を立てて、過激な報復行動を取ったことの証明にもなります。

あとあと、取れた映像を衝撃映像としてユーチューブにアップロードすることもできます。

fc92137c.jpg

 

前置きが長くなりました。新聞広告のドライブレコーダー4980円が買いか、楽天ショップで品調べです。

テキストのコピーはできません。