舛添都知事・・・とうとうここまできたか。

舛添都知事ら大物政治家ほど「せこい」事件を起こす理由.jpg
 東京都の舛添要一知事をめぐる政治資金などの公私混同疑惑で13日、都議会総務委員会は集中審議を開いた。だが疑惑は晴れないままだったとして舛添氏を支えてきた与党の自民党内でも見放す声が強まっており、舛添氏の辞職は不可避の情勢だ。

本人は「すべての給与を辞退し都民・都政のため働きたい。」、「どうかご猶予を」という答弁であった。

舛添氏はこの日の集中審議の締めくくりに、「知事の座にしがみつくということではないが、選挙とリオ五輪が重なり、混乱することは公益にそぐわない。時期を猶予していただきたい」と発言し、都議会に不信任決議案提出の先送りを求めた。

テキストのコピーはできません。