秋田の「人食い熊」事件を調べていたら、過去にとんでもない事件があったことがわかった。

08aa5bfd.jpg

三毛別羆事件(さんけべつひぐまじけん)

ついに「人食い熊」が出た──甦るのは「三毛別ヒグマ事件」の悪夢だ。大正4(1915)年12月9日、今から101年前に北海道苫前村三毛別の農家を冬眠前で腹を空かせた巨大なヒグマが次々と襲撃し、死者6人、重傷者3人が出た。犠牲者の1人は妊娠しており、お腹を引き裂かれて胎児もろとも無残に食い殺された。妊婦は熊に懇願するように「腹破らんでくれ!」「喉食って殺して!」と叫んだという。獣害史上、最大の惨劇とされる事件だ。

http://www.news-postseven.com/archives/20160617_421878.html?PAGE=2

ヒグマは金毛を交えた黒褐色の雄で、重さ340kg、身の丈2.7mにも及び、胸間から背中にかけて「袈裟懸け」といわれる弓状の白斑を交えた大物であった。推定7 – 8歳と見られ、頭部の金毛は針のように固く、体に比べ頭部が異常に大きかった。これほど特徴のある熊を誰も見たことがないという。隊員たちは怒りや恨みを爆発させ、棒で殴る者、蹴りつけ踏みつける者など様々だった。やがて誰ともなく万歳を叫びだし、討伐隊200人の声がこだました。終わってみると12日からの三日間で投入された討伐隊員はのべ600人、アイヌ犬10頭以上、導入された鉄砲は60丁にのぼる未曾有の討伐劇であった。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E6%AF%9B%E5%88%A5%E7%BE%86%E4%BA%8B%E4%BB%B6

人食い熊に出会ったらどうするか。これまでに分かった対応策を下記に記述する。
0.熊が出そうなところにはいかない。
1.鈴やラジオを持っていく
2.正面を向いて後姿を見せない
3.クマ撃退スプレーを持参

本当かどうかわからない対応
熊の喉に手を突っ込んで、窒息死させる。
また、アメリカ人に聞いたが女性の生理期の匂いには
特に熊は反応する(襲ってくる)ので要注意とのこと。
1893cb30.jpg
いずれにしろ、2015年に仕留められたヒグマは400kg
三毛別羆事件(さんけべつひぐまじけん)のくま340kgよりもデカイ。

”0.熊が出そうなところにはいかない。゛が一番です。

テキストのコピーはできません。