リオ五輪男子体操 内村航平 引退表明する400

リオ五輪の男子体操で個人総合優勝した内村航平。

リオ五輪男子体操の男子個人総合優勝および男子団体優勝で金メダルを獲得という快挙を成し遂げた内村航平は引退を表明することになる。

彼自身の言葉からそれはうかがわれる。
1.体力の限界と気力の限界

12日(2016年8月)に気になる発言をした。

「次に勝てる自信はもうありません」

「僕の中では次はないかなと思っています。もう限界が見えてきた。金メダルを獲得して、もう何もでないところまで出しきりました」というのだ。

   会見場は一瞬静まってしまった。「個人総合はもういいということか」と聞かれると、「今は何も考えられない」とも述べた。

  内村はウクライナのオルグ・ベルニャエフ選手との競り合いのさなか、「ぎっくり腰みたいになってしまった」という。

演技後にトレーナーから腰をマッサージされても痛いのか、顔をしかめるほどだった。
2.男子体操の後進選手の台頭で絶対王者ではいられない

大会前から最強の挑戦者と言われていた2位オレグ・ベルニャエフ選手(ウクライナ)との0・099という差。

次の試合には、オレグ・ベルニャエフは内村航平を上回る得点を出しているはずだ。

また、日本選手の中にも加藤凌平、白井健三などの若手も台頭してきている。
3.男子体操団体優勝という自己目標の完遂

男子体操団体優勝で金メダルというのが彼の目標であり、なんとか彼の現役の時に成し遂げたかった目標である。

2004年アテネ五輪体操男子団体で金メダルを獲得し、表彰式で笑顔で手を振る米田功、水鳥寿思、鹿島丈博、冨田洋之、塚原直也、中野大輔の映像。

冨田洋之らの映像をにがにがしく思っていたのである。
人間は目標を失うとあっという間に熱意を失うのである。
以上の3つのポイント

1.体力の限界と気力の限界

2.男子体操の後進選手の台頭で絶対王者ではいられない

3.男子体操団体優勝という自己目標の完遂
これらにより、男子体操の内村航平は引退を表明することになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

テキストのコピーはできません。