FXのレバレッジって何?レバレッジの最適なかけ方をアドバイス

レバレッジとは自分が持つ資産が少なくても、レバレッジをかけることで倍のお金で取引ができるサービスの事です。勝てば大きな利益になりますが、大きなレバレッジは時に多額の損失をうみます。レバレッジのかけ方について掲載しています。

レバレッジと呼ぶのですが、最適なかけ方というのはどういうものなのでしょうか。基本的な部分から押さえていきます。
そもそもレバレッジとはなにかから考えてみましょう。レバレッジとはてこの原理を意味する言葉で、自分の資金の何倍もの投資ができる方法です。これは各FX会社によって倍率が定められていて、取引をする時に上限倍率内で好きなように設定ができます。
ただし日本国内では、レバレッジの倍率は25倍までとなります。実は少し前までは上限倍率に規制はなかったのですが、投機的な意味合いが強いとのことで規制が入りました。その結果として最大で25倍までとなっています。
ただこれは日本国内のFX会社に限っての話であって、海外の会社で口座を作る場合はその限りではありません。事実は100倍や200倍を上限の倍率としている会社もあります。
ではレバレッジをかけることの、メリットを考えましょう。日本国内のFX会社では最大で25倍までの倍率をかけられます。
これは4万円の資金があれば、100万円まで投資ができるという意味です。1米ドルが100円だとすると、1万通貨単位での取引も可能となるので、一気に資金を増やすチャンスがあります。
このレバレッジの最適なかけ方ですが、個人個人で異なりますので一概に何倍がいいというものはありません。ただ基本的な考え方として、リスクも頭に入れておくべきです。
損失も25倍になるという点です。先ほどの相場レートで1万通貨単位での取引をしましょう。
仮に相場が5円上がったのならば、125円の利益となります。反対に5円下がると125円の損失となるのです。本来であれば5円の損失であるため、1万通貨単位だと5万円の損失になります。
しかしレバレッジが25倍だと12万5000円の損失になるのです。そのためレバレッジの倍率を高くすると、その分資金面での損失もかなり大きくなるのを理解しておいてください。
ですのでリスクの高い為替差益を狙うのなら、レバレッジはできるだけ低倍率にしておくべきです。反対にローリスクなスワップポイント狙いならば、ある程度高めのレバレッジをかけるのも良いでしょう。このように投資の仕方や取引方法で、しっかりと倍率を変更するのが最適です。
レバレッジについてのまとめでした。少額の資金でも高額の取引ができるメリットがありますが、反面でレバレッジには大きなリスクもあります。そのため投資の安全性などを考えて、資金的に無理のない範囲でかけるのは効果的だと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

テキストのコピーはできません。