FXで得た収益に対しては、確定申告が必要になるケースがあります。この時にどのような書類などが必要になるのでしょうか。ここではFXの確定申告における基礎的な部分から、しっかりと確認をしていきます。
FX取引において確定申告は必要なのでしょうか。給与所得を得ている人の場合ですと、年間で20万円以上の利益を得ているのなら必要となってきます。20万円以下であるのなら、確定申告をしなくても問題ありません。
ただし給与の額が年収2000万円を超えているのなら、損益にかかわらず確定申告が必要になります。給与所得を得ていない人の場合ですと、課税対象となるのが年間で38万円以上です。
ただ非課税である38万円以下であっても、確定申告はすべきでしょう。では確定申告について基本的なことを確認していきます。そもそも確定申告は所得税を支払うための手続きのことで、毎年1月1日から12月31日までの1年間の所得で計算する形です。
翌年の2月中旬から3月中旬の間に税務署へと申告し、その後に税金を支払います。サラリーマンの人ですと、確定申告をしたことがないという人も多いです。
そのため会社で行う年末調整と、どう違うのかという疑問を持つかもしれません。端的にお伝えしますと、年末調整というのは給料から概算で天引きされている所得税を、きちんと計算することです。
払い過ぎているのなら還付があり、不足しているなら追加徴収があるというものです。給与所得者はこうして税金を支払っていますので、年に20万円以下の利益なら確定申告をしなくてすむのです。
確定申告をするのに必要な書類についても考えましょう。基本的に申告用の書類が必要となるのですが、これは国税庁のホームページでダウンロードが可能です。
e-Taxという方法があり、こちらを利用すればそのままインターネットを通して確定申告が可能です。
ちなみにe-Taxを利用するには税務署に出向いて本人確認を行った上で、IDとパスワードを取得しないといけません。他にも必要な書類ですが、給与所得者の場合は源泉徴収票があります。
また年間の取引損益報告書というのが、利用しているFX会社によって提供されますので、ダウンロードをして印刷してください。その他にもマイナンバーカード、もしくは通知カード、身分証明書などが必要です。
ちなみに税金を安くする方法はありません。経費は経費などでしっかりと申告しないと、税金逃れとみられる可能性が高いです。
FX取引の確定申告についてのまとめでした。毎年1月1日から12月31日までの間の収益は確定申告をしなくてはいけません。時期としては翌年の2月中旬から3月中旬です。必要書類としては確定申告書と年間取引損益報告書などがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

テキストのコピーはできません。