証拠金です。取引をするには必ず必要なものですので、証拠金について理解しておかなければいけません。ここではFX取引における証拠金について、詳しく見ていきましょう。
証拠金とは端的にお伝えすると、FX口座に入金するお金のことです。要するに担保となるお金のことで、会社によっては保証金という呼び方をすることもあります。
FX取引をするには口座を開設して、そこに入金をしなくてはいけません。仮に10万円を入金したとすると、この10万円が証拠金となるのです。この時の証拠金の額が取引できる額でもあります。
ただしレバレッジをかけた場合、その倍率によって必要となる額が違ってくる形です。例えば1米ドル100円として、1万通貨単位を購入したとしましょう。レバレッジなしの場合は100万円が証拠金として必要となり、25倍のレバレッジをかけると4万円が必要です。
こうした取引にいる分の証拠金のことを、必要証拠金と呼びます。もう1つ覚えておきたいのが、有効証拠金です。有効証拠金とはポジションを保有している場合に、含み益または含み損を差し引いた金額を指します。
仮に10万円の証拠金を入れていたとしましょう。この時に5万円の取引をしたとして、そのポジションの評価が1万円の損失だったと考えてください。
この場合は10万円から5万円と1万円を引いて、4万円が有効証拠金となります。逆に評価が1万円の含み益であるのなら、5万円に1万円を足して6万円が有効証拠金です。
証拠金維持率です。証拠金維持率とは有効証拠金を必要証拠金で割って、100をかけた数字を指します。
自分の口座における資金の多寡を示す数字で、この証拠金維持率が下がってくると強制ロスカットが行われるのです。何%になると強制ロスカットが行われるのかは、各FX会社によって異なります。
基本的にFXは24時間チャートが動いていますので、指し値注文などをしていない限り、損失がどんどん膨らむリスクがあるのです。このリスクを抑えるために証拠金維持率が下がると、自動的に損切りされるのが強制ロスカットとなります。
ちなみに証拠金が少なくてすむ会社はありませんが、基本的にレバレッジが高い会社、または取引通貨単位が低い会社であれば、必要証拠金が少なくてすみます。ただしレバレッジについては、日本国内だと25倍が上限となるため変わりません。
FXで使われる証拠金についてでした。証拠金とはFX口座に入金した額のことで、取引に必要な額を必要証拠金と呼び、その取引の決済前の含みを踏まえて総合したものが有効証拠金となります。
そして有効証拠金必要証拠金で割って、100をかけたのが証拠金維持率です。この3つはしっかりと理解しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

テキストのコピーはできません。